本当に安心してサポ募集をするにはどうすれば良い?

サポ募集する女性側の思いとしては、数時間だけ、男性と体の関係を持つだけで、アルバイトでは得られないような金額の収入が得られるわけですから、楽な仕事です。
見ず知らずの男性と、体の関係を持つことはそんなに大げさなことではないし、簡単だと思っている人なら違和感はないでしょう。
そういう人にとっては、知らない人から色々言われる筋合いはないですし、自分が理解して行っている行為なので構わないでください、ということです。
実際、運が良ければ一日で10万近くの金額を得らるわけですから、ここまで楽な仕事はない、と思うのです。
男性にとっても、お金を支払う分だけの欲求は満たされるのだから、不愉快な気分になる人はいません。
サポ、万歳という理論に辿り着くわけです。
現代にセックスをすることで収入を得られるのが、問題だと思わない女性が存在する以上は、
サポ募集は便利なものとして、地位が確立されているので決して消滅しないと思います。
また、本当ならいないであろう、サポをする18歳未満ですが、実際は高校生の気楽な仕事として、まかり通っているということもあります。
”短時間で数万円稼げる仕事があるんだけどしない?”というような誘いが一部の中学生や高校生が話している事実もあるのです。
男性側からすると、もちろん犯罪だと理解はしていますが、そこまで若い女の子とセックスができるのであれば、してみたいと思うのです。
強請りや盗みとは異なり、他人と痛めつけるわけではない、サポ。
こういったことが通ってしまうような世界ですから、サポは続けていくよという人々が行っていくのでしょう。

題名:優良サイトの特徴~元サクラからのアドバイス~ 
①『メールの送受信にかかる料金が低額である』
②『サクラは存在していない』
③『女性の会員数が多くいる』
上記は、優良な出会い系サイトを見つけるための三か条です。
この3つのポイントをしっかりと覚えておく必要があります、そうすれば悪質なサイトに騙される確率を格段に低くできるからです。
メールの送信や受信にかかる料金が高額な場合、メール1通の料金の半分は業者が、半分はサクラの取り分ってなっていることが多いんですよ。
メールの送信するのに100円の料金がかかるとしますと、業者が50円、サクラが50円と、この様に利益配分をしているんです。
こんなふうに儲けている悪質な出会い系サイトでは、いくらメールを出したってお相手と知り合うことなんでできないですよね。
かりにあう約束が採れたとしてもお金がらみの交際の女性、いわゆる『サポ』目的だったりして、稼ぎたいだけの女性にしか出えないでしょう。
真剣に出会いを求めている女性会員なんていないんですから。
上の三か条を参考にして慎重に選んでみてください、そうすれば優良の出会い系サイトに行き着くはずですよ!!
サクラをやっていたわたしが個人的におすすめするのは【ハッピーメール】ですねぇ、ここは有料の出会い系サイトなんですけど利用する価値はありますよ!!きっと出会いがあるはずです。
“会える”って口コミで評判の【ノエル】は、逆にサクラが多くて、登録するときに勝手に方の有料のサイトにまで登録されてしまったりします。
利用にはくれぐれも注意してくださいね。

神待ちサイトが、若者に浸透してきています。最近では、メディアなどでも取り上げられる機会が増えてきていますので、その存在を知っている、聞いたことがあるもしくは実際に使っているというような人もいるかもしれませんね。
知らない人のために解説を加えておくと、神待ちサイトと呼ばれるようなサイトは、いわゆる出会い系サイトの発展系といえるようなもので、女性が男性を探すためにあるサイトということになります。
そのサイトで、女性は自分の希望に合う男性を探すことになるのですが、その男性というのがただの男性ではなく、自分に食事を奢ってくれる、泊める場所を提供してくれるというような援助をしてくれる男性なのです。
ある意味では、サポ募集の延長線上にあるものということができるでしょう。しかし、男性に不利なことばかりではありません。男性は、そのようなことを女性に援助してあげることによって、相手の身体を対価として要求することが出来るのです。
中にはあくまで親切心から食事を奢るだけというような男性もいるようですが、あくまで少数派で、基本的には全員女性の身体を求めているといえるでしょう。
こういったサイトは、年齢制限なども特に設けられていませんから、誰でも利用することが出来ますし、逆にいえば誰とでも出会うことができるサイトになっています。
しかし、一般的には神待ちサイトは伝説の存在とされているようです。ですが、神待ちサイトは実際に使っている人も大量にいることから、確かに行われているシステムということなのでしょう。

サポの裏側には様々な犯罪が隠れています。
その中でも多いのが窃盗です。
男性がシャワーを浴びている隙にカバンの中身を持ち去ってしまうのです。
もちろん財布の中身も根こそぎです。
個人情報も含まれているので、男性は被害届を出したい所ですが、サポは立派な犯罪なので泣き寝入りをして紛失届だけにとどめる事が多いです。
それだけで終わればまだ良い方です。
中には、盗んだ個人情報を利用し、恐喝をして来る子もいます。
正確にはその子だけではなく複数のグループで行っている場合が有ります。
最初から仕組まれていて、計画的な犯行なので犯人の特定も難しく、お金を取られるだけ取られて、毎日バラされないかビクビクして生活していくしかありません。
そういった被害を防ぐ為には、まず女の子が指定するホテルには行かずに別の場所へ行く事。
ホテルを指定し、どうしてもそこでなければ嫌だと言った場合は警戒しましょう。
いつもそこで犯行に及んでいる可能性が高いです。
また、シャワーは二人で入りましょう。一人になる時間を作ってはいけません。
それと、窃盗をするのは何もシャワーの間だけとは限らず、睡眠薬を利用する可能性もあります。
睡眠薬なんて裏ルートで生きている子からすれば簡単に手に入りますから、女の子から差し出された飲み物には口をつけない事ですね。
まぁ、一番確実に防ぐ方法は、サポに手を出さない事ですね。
こういったリスクを知った上で、それでもサポがしたいのであれば、万が一何があっても自業自得です。

サポをする以上、男女ともにサポ特有のリスクを理解しておくべきです。

少女たちにとってリスクを考えずにお小遣いほしさに軽い気持ちでサポをするには、リスクが大きすぎます。特にレイプのような性犯罪、恐喝、病気の感染を忘れないで欲しいです。具体的には、ホテルに入室した瞬間、男性が豹変してレイプされ、お金も払ってもらえずにボロボロにされてしまう可能性もあります。財布などを抜き取られ、身分証を取り上げられて、親や学校にバラすぞなどと恐喝される可能性もあります。しかし、一番怖いのは病気を移されるリスクです。顔や身体を見ただけでは、その人が病気持ちかどうかなんてわかりません。優しくてお金持ちで最高のパパと思っていたら、実はエイズ持ちだったなんて泣くに泣けません。一生が台無しになります。日頃からサポをしているような男性が保健所に行ってエイズ検査をしているとも思えませんので、かなりの数の隠れエイズがいることを認識しておくべきでしょう。

男性にとってもサポには美人局のリスクが常にあることを覚えておきましょう。女性側と同様に病気感染のリスクもあります。若くて可愛い女の子だからといって、サポしているわけですから、病気持ちの可能性が高いですし、内面にあらゆる異常性があったりするものです。

サポの世界に入るということは男女ともに、さまざまなリスクが高まり、危険と隣り合わせの状態になるということです。死の危険性すらあるのです。そこまでの価値があると思うのなら、止めることはできませんが、少しでも不安なら止めておいたほうがいいです。

素人女性と関係を持つこともできるサポ

彼は、サポの最大の魅力として、女性を助けているという気分を味わうことができる点を挙げます。
彼は、もう出会い系サイトを使うようになってからはや数年、結婚歴も七年目に突入する35歳の男性です。
大手の出会い系サイトを使うことによって、彼は主にそこにいる女性とのサポを楽しんでいるそうです。
サポをしている女性は、基本的にみんなそのときの生活に困っている、お金がないという人たちばかり。

そのときに彼がサポをして少しのお金を女性に与えていることで、間接的にその女性の人生を助けることにもつながるのだといいます。
もし、そのときの少しのお金がなかったとしたら、さらに悪い状況になっていたかもしれません。
そう考えれば、サポは立派な人助けの一環ともいえるのではないかと、彼は語ります。
本来であれば、そんな困った女性は家族や友人などが助けてあげるべきなのだと思いますが、それがサポでしか助からないというのも悲しいものがありますね。

また、サポをする女性というと、やはりキャバクラで勤めているような人や、風俗嬢といった人を想像しますが、実際にはそんなことはないのだとか。
まったくの素人女性とも、サポならば関係を持つことも容易なのだといいます。
本当ならそういった素人女性はサポの世界に引き込むべきではないのだと思いますが、
彼はどうしても素人女性と関係を持つことをやめられないのだとか。
また、単純にお金のためではなく、刺激がほしいからという理由でサポをする女性も多いのだそうですね。